忍者ブログ
夢海家と如月家の記録。
13 . December
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21 . June
 

常磐の義父である如月銀は元々は夢海銀、
八重桜は、彼の亡き祖先でした。
元々夢海の当主をしていた銀はきっと、
八重桜の名前は知っていたのでしょう。

既に亡くなっている子が、傭兵として
一月だけ現れるのは、魂なのか幽霊なのか。
(如月夢海は交流が盛んなので、同じ時代を
歩む子も居ればいない子も居ます。)

夢海と如月は縁の深い国。
こんな妄想も働いたのでした。

 

でも、八重君は、この後、如月に養子入りしたので
第二の人生を歩んでいます。銀と十六夜のように。



「如月でも宜しく。俺の最初の最後の友達。」

←から、銀(元夢海当主)、八重桜、
常磐(十六夜息子)、神楽(銀の如月での息子)です。

常磐はこの少し後に、痣の前兆が出ています。
過ごせる時間は少なくてもきっと
友人が来てくれた事は嬉しかったと思います。

八重桜は、夢海では子どもが居ませんが、
如月では九重桜と言う息子が居ます。
そのお話はまた別の機会に。

以下おまけ。

拍手[1回]






漫画の途中でコマ塗ってみました。
二人はよく木の上にいるイメージ。
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]
PR