忍者ブログQLOOKアクセス解析
夢海家と如月家の記録。
20 . October
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16 . February


夢海朱雀。少し前に居た拳法家男子です。
飛沫の子孫です。今回は彼のお話。



口癖が「何賭ける?」だったので、こんな挑発ポーズ
しそうな生意気チビ(実際に背小さめ)なのかと
思ったのですが… 彼の遺言は意外なものでした。

拍手[2回]





朱雀は痣が二段階出た状態の時に
如月家(服の色違いますが)のとある娘さんと結魂。
可愛い双子の男の子達を授かりました。



そして一ヵ月後に娘さんから綺麗な
小さなお花が彼の元に届き、



亡くなる直前に彼が言った言葉がこうでした。



「俺が死んだらさ…あの花も一緒に墓に入れといてよ。」

生意気そうな彼にはあまりにも意外で、
泣きそうな声のとても印象に残る遺言でした。
(朱雀は恐らく市来さんの声の一族男子だったり
するのですが(飛沫や泡沫ちゃんも同じ)あんな
泣きそうな声の市来さんの遺言は初めて聞きました)

あの花ってきっと、結魂お祝いに彼女に貰った花
だったんだろうな…彼女自身の事も含めてたのかな。
(俺屍は一族を花に例えるので)
彼は余命一ヶ月前にはやり病にもかかってしまった
ので、もう意識も朦朧としてたのかもしれません。 



因みに朱雀の子供はこの写真の表端の子達。
石榴と枇杷と言います。石榴は朱雀と向きまで同じ。
二人とも今逞しく育っています。可愛いです。

何にせよ、驚いて色々と考えさせられる遺言でした…
遺言も一族によってそれぞれ、最後まで凛として
いたり弱みを見せたり、胸がざわつく事を言ったり…
切ないけど愛おしいです。一族愛してる。
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]
PR